Latest Posts

自分でトッピング

博多ラーメンは白く白濁した豚骨ラーメンが特徴となっていますが、この豚骨ラーメンの特徴として強い独特の香りと味が挙げられます。豚骨ラーメンファンの方の多くは個性的な味わいが大好きですが、中には多少クセが強いので苦手に感じている方もいます。そういった方のためにラーメン店のテーブルには自分でトッピングができるようにいろんなアイテムが置かれています。これはお店によってはラーメンの味を変えてしまうので提供していないところもあります。

トッピングとんこつラーメンに自分でトッピングするときにテーブルの上に置かれているものとして白ごまがあります。白ごまは風味をプラスしてとんこつラーメンの強いクセを軽減させることができます。またもっとさっぱりした味わいにしていくのに効果的なトッピングが紅ショウガです。

辛みもあるので大きくラーメンの味を変える効果に優れています。さらにラーメンに辛みを加えながらさっぱりした味にアレンジする効果があるトッピングとして辛子高菜があります。これらを必要に応じてトッピングすることができます。全部をトッピングすると一気にとんこつラーメンの味を変えていくことができます。また見た目がシンプルなとんこつラーメンの色彩も大きく変わります。

定番のトッピング

こってりとしてコクが強い博多のとんこつラーメンですが、その白いスープの上にのるトッピングは案外質素に見える方も多いかもしれません。ラーメンは全国各地で販売されており、いろんなトッピング具がされています。チャーシューやネギなどは一般的ですが、それ以外に大量の野菜をのせているラーメンも見られます。

豪華に見えるラーメンもありますが、それに対してとんこつラーメンはボリュームは少ないものです。一般的なとんこつラーメンのトッピングとしてはねぎとチャーシューです。またお店によってはもっとシンプルでネギだけというところもあります。これはお店としての配慮で、トッピングによってラーメンの味が大きく変わることを避けたいからというものです。

とんこつラーメンのトッピングとしてはチャーシューとねぎ以外のものをのせているお店も結構あるものです。中には海苔やきくらげなどをトッピングしているところもあります。またチャーシューはボリュームがあるので、もっとボリューム感を出すためにチャーシューをたっぷりとトッピングしているメニューも提供しているお店があったりします。しかし一般的には他の地域のラーメンに比べるとトッピングは少なめになっています。

とんこつラーメントッピング

チヂレ麺日本各地にはいろんなラーメンが販売されています。札幌ではチヂレ麺が特徴的な札幌ラーメンがあります。また尾道ラーメンは豚の背油がたっぷりとトッピングされているように浮いています。博多では白く白濁としたとろっとした味わいの独特なクセがみられるとんこつラーメンが食べられています。このとんこつラーメンは豚の骨をたっぷりと使用し、じっくりと時間をかけて煮込まれます。それによって豚骨が持つゼラチン質が出てきて独特の味わいを引き出すことができます。また同時に強い味わいとコクが感じられるスープに仕上がります。このとんこつラーメンは見た目の点で非常にシンプルになっています。他のラーメンではいろんなトッピングがみられ、ボリューム感があります。それに対してとんこつラーメンはトッピングがとても少なくなっています。お店によってトッピングの種類は異なりますが、一般的にトッピングは少ないものです

とんこつラーメンのトッピングは最初からお店のスタッフがのせるアイテムもありますが、お店のテーブルに置かれているトッピングもあります。これは自分で量を加減しながら味に変化を与えたり、自分で味を変えたりして食べやすくするためのものとなっています。ただお店の中にはラーメンのせっかくの味が変わってしまうことがないようにトッピングが提供されていない場合もあります。このサイトではとんこつラーメンの定番トッピングについて説明をしています。ラーメン好きな方は是非ご覧になってみてください。